So-net無料ブログ作成
雑記・旅行 ブログトップ

4月16~17日と 名古屋へ !! [雑記・旅行]

2007年 1月以来の 名古屋です。
名古屋駅前は 又々 様変わりしていました。

「ミッドランドスクエア」・・・以前は豊田ビル・毎日ビル
2007年3月 オープン  247m(地上47階)
トヨタは このビル内に名古屋オフィスを完成し 東京本社機能の
1部を移転し 業務を行っている。

「モード学園スパイラルタワーズ」
2008年4月11日 オープン  170m(地上36階)
s-2.jpg

「名古屋マリオネットホテル」  245m(地上52階)
2000年に竣工
2000年に竣工
駅ビルとして世界最高の高さを誇り 名古屋のランドマーク(ツイン)タワーとして
人気スポットになっている。
s-1.jpg

「大名古屋ビルヂング」 ・ 三菱地所(施工主)
新幹線開通間もない1965年(昭和40年) 駅前に竣工して以来
「ビルヂング」を掲げ続けている。
屋上には 毎年期間限定(5~8月)で ビアガーデンを営業している。
(私は 竣工の2年後に 名古屋を離れました。)
s-7.jpg

s-8.jpg
(ツインタワーに入っている髙島屋の入り口)


帰路の車窓より(静岡辺り)

「田園風景」
s-9.jpg

「浜名湖」
s-10.jpg

「茶畑」
s-11.jpg



上高地 ・ 女3人旅 (2006年9月27~28日) !! [雑記・旅行]

2年前の9月26日 夜 11時発の夜行バスで上高地へ向かいました。
(友人2人は 横浜より乗り合わせてきて 新宿で合流という形でした)

旅慣れている一人が「夜行バスを使うことにより 1泊するだけで 丸々2日間
上高地を堪能出来る」という案に『大賛成』・・・ 実行することになりました。

朝 沢渡大駐車場で シャトルバス(低公害車)に乗り換え 30分ほどで
「帝国ホテル前」で下車。
乗用車(昭和50年) 観光バス(平成16年)とも上高地に入る事を規制されています。

朝 6時前に着いたように思いますが バスを降りた途端 冷たい空気がキーンと
張り詰めていて 友の1人は寒冷蕁麻疹にかかりました。

早速 上高地清水屋ホテルへ。 荷物を置かして貰い ビュッフェスタイルの朝食を
早々と頂き 直ぐに散策に出かけました。

27日

<梓川と穂高連峰>
s-梓川と穂高連峰.jpg

<河童橋>
s-河童橋.jpg

<自然道からの梓川>・・・一番 気に入っている画像です
s-梓川.jpg

<明神池>
ホテルから 川原に下りたりしながら ゆったりと散策したので
2時間ほどかかりました。
s-明神池.jpg

<鴨の親子>
s-鴨の親子.jpg

<ウェストン碑>
明治29年 英国の宣教師であるウェストンにより 「国際的山岳リゾート」を
見出された・・・と
s-ウェストン碑.jpg

<上高地清水屋ホテル>
ディナーは本格的フランス料理でした。 そして天然温泉の露天風呂
最高に寛げたように記憶しています。
s-清水屋ホテル.jpg

28日

<焼岳>
s-焼岳.jpg

<上高地帝国ホテル>
ランチはこちらで・・・名古屋方面からは 日帰りバスツアーで
大勢の人たちが詰め掛けていました。
s-上高地帝国ホテル.jpg

<大正池と穂高連峰>
s-大正池と穂高連峰.jpg

(ビジターセンターで 1時半頃のバスに乗り 上高地を後にし 新宿には7時頃に
着いたように思います)

以上 私にとっては数少ない旅行地の中・・・素晴らしい風景の上高地
・・・是非 もう一度 訪れたいと思う上高地でした。

それと デジカメ撮影デビューでした。

 

 


アカオ ハーブ&ローズ ガーデン (熱海) !! [雑記・旅行]


 s-DSCF8329.jpg

10月14日 友人 ふたりに付き合ってもらい 熱海にある "アカオ・ハーブ ローズ
ガーデン" へ出かけました。

"あんれにさん"のブログでずいぶん前に拝見し 一度は行ってみたいと思って
いた所です。

想像していた以上の広大さに驚きました。

 「海を見渡す20万坪の大自然が広がる "12"のテーマガーデン」
     「春夏秋冬 褪せることなく 魅了し続ける 森の中に広がる庭園」

色とりどりの宿根草やハーブと5000本の薔薇とありましたが 秋のバラは
可愛らしく(小さく) 春のバラのような華やかさはありませんでしたが
充分 満足出来る "庭園" でした。


s-DSCF8319.jpg


s-DSCF8307.jpg
  (ホテル ニューアカオ ・ ロイヤルウイングの建物)


s-DSCF8308.jpg


s-DSCF8304.jpg
  (コートダジュール・ノボタンが咲き乱れていました)

s-DSCF8291.jpg s-DSCF8292.jpg
 (アザミ)                   (シュウメイギク)

s-DSCF8293.jpg s-DSCF8302.jpg
 (ワレモコウ)                (フジバカマ)


s-DSCF8294.jpg
  (海を望む 日本庭園「天翔」)

s-DSCF8295.jpg s-DSCF8298.jpg
  (松の盆栽と アサガオが妙に様になっていました)


s-DSCF8310.jpg


s-DSCF8321.jpg

s-DSCF8322.jpg

s-DSCF8324.jpg
  (海をぼおっと眺めながら ハーブティーをいただきました
     初島がうっすらと見えています)

s-DSCF8325.jpg


s-DSCF8313.jpg

s-DSCF8303.jpg
  (ダリアの時期のようでしたが先日の台風の影響か綺麗に咲いているのは
     あまり見かけられませんでした)

s-DSCF8309.jpg s-DSCF8311.jpg
 (ジンジャー)                (アメジストセージ)

s-DSCF8328.jpg s-DSCF8305.jpg
 (バラ・・・)

s-DSCF8331.jpg


s-DSCF8334.jpg
  (ハゼノキ・・・まだまだ 紅葉は進んでいませんでした)

s-DSCF8315.jpg



s-DSCF8339.jpg
  (夕方4時ごろ 帰路のバス停で・・・初島がくっきり見ることが出来ました)


  一日中 とてもよい天気で 用意していった雨傘を日傘にするようでした。
   何処からでも海を眺められ 素晴らしい景色に癒されることが出来
     最高の一日となりました。

  一日 行動を共にし おしゃべりに付き合ってくれた友人に "感謝" "感謝"

  (桜新町に着いたときは雨が降っており 雷が遠くで鳴っていました)
 

     コメント欄は閉じています。

 

 


nice!(67)  トラックバック(0) 

伊豆・箱根の旅 (11月11日~13日)・・・!! [ 09 11 15 ] [雑記・旅行]


 
s-PB130400.jpg

11月11日~13日 娘夫婦と4人で 伊豆と箱根へ出かけてきました。

生憎の雨模様の中「寒い! 寒い !」と言いながらも 楽しんできました。
 
 
中々 写真の整理が思うように出来ませんので  時期を逸してもとの
 危惧から  取り敢えず" 紅葉 "のみをアップしたいと思います。


s-PB110032.jpg
 (熱海・・・車窓から)

s-PB110073.jpg
 (途中 立ち寄った一碧湖)

s-PB110192.jpg

s-PB110203.jpg



s-PB120120.jpg
 (芦ノ湖 遊覧での紅葉)

s-PB120343.jpg



s-PB120108.jpg
 (箱根関所から 芦ノ湖を望む)

s-PB120115.jpg

            s-PB130148.jpg



s-PB120363.jpg
 (箱根神社へ参拝)

s-PB120131.jpg

s-PB120132.jpg

s-PB130402.jpg

s-PB120135.jpg




s-PB130156.jpg
 (箱根ハイランドホテルでの紅葉)

s-PB130146.jpg

s-PB130418.jpg

s-PB130422.jpg

s-PB130149.jpg

s-PB130150.jpg

s-PB130155.jpg

s-PB130151.jpg





s-PB130440.jpg
 (箱根ガラスの森での紅葉)

s-PB130160.jpg

s-PB130175.jpg

s-PB130166.jpg

s-PB130170.jpg

s-PB130453.jpg

s-PB130187.jpg






s-PB130190.jpg
 (箱根湿生花園での紅葉)

s-PB130189.jpg

s-PB130203.jpg

s-PB130200.jpg

       s-PB130201.jpg

s-PB130192.jpg

   お ま け

s-PB130206.jpg
 (御殿場プレミアム・アウトレットの虹の橋より)

   ※  3日間 何処からも "富士山"は望めませんでした [たらーっ(汗)]




















 

 


伊豆・箱根 の旅 (11月11日~13日)・・・2 !! [ 09 11 17 ] [雑記・旅行]



  s-PB130187.jpg

前記事では "紅葉"のみのアップでしたので 今記事は 日程を追っての
アップで・・・お付き合いくださいませ [わーい(嬉しい顔)]


 11日・・・伊豆高原に向かって。

小田原辺りまでは 車のフロントガラスに叩きつけるような激しい雨が
降っていました。

s-PB110031.jpg

s-PB110034.jpg
 (そんな天候の中 サーフィンをしている人たちが)

川奈ステンドグラス美術館・リストランテ・ラヴィータエベッラ
 (イタリアンレストラン)
伊豆高原に在住の友人よりの情報で ランチを・・・
とても 素敵な雰囲気のあるレストランでした

s-PB110037.jpg

s-PB110040.jpg
 (川奈のゴルフ場の近くです)

s-PB110039.jpg s-PB110042.jpg

s-PB110050.jpg s-PB110054.jpg
 (雨の中でしたが女性客が多かったです)

一碧湖・・・雨で霞んでいましたが 遊歩道を半周しました

s-PB110186.jpg

s-PB110061.jpg

城ケ崎海岸・・・森と海の散歩道
はるか水平線に浮かぶ島(大島・利島・新島・式根島・神津島・
三宅島)は観られませんでした

s-PB110078.jpg

s-PB110241.jpg

" 花吹雪  "  伊豆高原 ・ 城ケ崎温泉

伊豆高原の森に抱かれた「貸しきり」という時間と空間。

客室は17部屋でコテージのようにそれぞれが点在していて
半露天のお風呂が7つ これも其処ここに点在して  源泉かけ流しで
終日 「貸しきり」です(内側から施錠できる)

s-PB120084.jpg

s-PB120083.jpg

s-PB110260.jpg s-PB110267.jpg
 先付 前菜 向付 秋鍋(猪肉のだし) 揚物  雑炊 ゼリー・ステーキ(別注)
食べるのが忙しくて 写真は2枚のみ[ぴかぴか(新しい)]

s-PB120098.jpg

s-PB120288.jpg


  12日・・・箱根に向かう

十国峠・・・雨で煙っていました
直ぐに霧が出たようになり くねくねしたスカイラインは怖かったです

s-PB120101.jpg
 (駿河湾かな!?)

箱根関所・・・『相州箱根御関所御修復出来形帳(慶応元年:1865)』
韮山の江川文庫から 昭和58年(1983)に発見され
平成」19年(2007)の完成を目指して発掘調査を行い 建物の復元や
関所周辺の整備を行って 現在に至っている
(確か 以前に訪れていたのですが 様子が一変していて キツネに
つままれたようでした)

s-PB120109.jpg

s-PB120302.jpg

s-PB120105.jpg
 (上の間・・・客間であり 人は居ませんが 旅人を脅す道具のようです)

芦ノ湖・・・30分ほどの遊覧でした

s-PB120339.jpg

s-PB120346.jpg

小田急(仙石原) 箱根ハイランドホテル

箱根の大自然に囲まれた 15000坪もある広大な敷地 雑木林や
早川の水のせせらぎを聞きながらの遊歩道など 四季折々 いつでも
楽しめるようなホテルのようでした
(渋谷の旅行社のパンフレットで 選んだ所でしたが大当たりでした)

s-PB130156.jpg

s-PB130145.jpg

s-PB120142.jpg s-PB120389.jpg

s-PB120143.jpg s-PB120144.jpg
 (お魚は駿河近海もの 付け合わせの野菜はホテルの自家ハーブ園で
摘んだもの お水は金時山の伏流水を使っていました 自家製のパンも
とても 美味しかったです)

s-PB130414.jpg
 (ハーブ園)


  13日・・・東京に帰る日

箱根ガラスの森・・・ゆらりと心を遊ばせて 遥かな時代のヴェネチアへ

s-PB130162.jpg

s-PB130182.jpg

s-PB130176.jpg

s-PB130435.jpg

s-PB130183.jpg
 (ホテルから近くて 素敵な所でした・・・ホテルで割引券があり
それにつられたのですが 紅葉も美しく 得した気分になりました)

箱根湿生花園・・・今の時期 何も咲いていないと思いつつ 訪れましたが
湿原をはじめとして川や湖沼があり 高山植物は時期外れでしたが
ゆったりと散策できたのがラッキーでした)

s-PB130482.jpg

s-PB130194.jpg

s-PB130460.jpg


 以上 2泊3日の" 伊豆・箱根の旅 " 雨模様の寒い日が続き
帰りに寄った アウトレットでコートを買ってしまいました
でも 終始 満足のいく旅行になりました [exclamation×2]


 お ま け

s-PB130491.jpg
 (湿生園で・・・)









 


 


日光の旅・・・[ 09 08 24~25 ] ・・・ !! [雑記・旅行]


 s-DSCF8002.jpg

8月24・25日  新婚旅行以来  夫婦だけの はじめての「旅」でした

8月3日 99歳で永眠についた義母の 三七日の法要を自宅で行った
翌日の「旅」となりました

お通夜の席で 義姉の連れ合いの「ご苦労様 二人だけで旅行など
したことないのだろ~ 温泉を招待するから・・・」から始まった事でした

ホテルより案内状が届き 「8月23日からの一週間の内の一泊二日」・・・
期せずして 新婚旅行は"日光"でした

s-DSCF7992.jpg
 (稲穂がたわわに実っている頃でした)


鬼怒川ライン下り・・・ホテルで予約してくれていました

s-DSCF8007.jpg

s-DSCF8009.jpg

s-DSCF8018.jpg

s-DSCF8015.jpg


鬼怒橋岩大吊橋・・・平成21年7月完成

s-DSCF8035.jpg

s-DSCF8026.jpg
 (橋の真ん中から鬼怒川を・・・)

s-DSCF8031.jpg



ホテル「若竹の庄」・・・川治温泉に近い所でした

s-DSCF8053.jpg

s-DSCF8052.jpg

s-DSCF8051.jpg

s-DSCF8047.jpg
 (部屋に付いている 24時間かけ流しの露天風呂)

s-DSCF8037.jpg
 (露店風呂からの眺め・・・)

一泊二食で 45000円らしく それが高いものかも分らないほど
「旅」なれていませんでした
娘達との「旅」での 伊豆高原 箱根の宿は その半分以下で賄う事が
出来・・・その時 初めて知ったような事でした

でも 何が違うかというと お食事の品数ということで 食べきれない
品数や量を出されても・・・と思いました


華厳の滝・・・25日

s-DSCF8066.jpg

s-DSCF8064.jpg

涅槃の滝

s-DSCF8071.jpg

s-DSCF8076.jpg
 (向かって右側は竜頭の滝が流れているような!?)


戦場ヶ原・・・

s-DSCF8088.jpg

s-DSCF8087.jpg

 s-DSCF8092.jpg
  (ミヤマシモツケソウ)
               s-DSCF8098.jpg
         (キンポウゲ)
 s-DSCF8099.jpg
  (ゴマナ)
        s-DSCF8100.jpg
          (ミヤマアキノキリンソウ)
 s-DSCF8101.jpg
  (アザミ)
        戦場ヶ原のさわりだけでしたが お花を撮れて満足


湯滝

s-DSCF8102.jpg


日光白根山・・・麓(?)

s-DSCF8115.jpg

s-DSCF8118.jpg
 (芝スキーかな・・・)


吹き割の滝

s-DSCF8124.jpg
 (群馬県沼田にある 吹き割の滝に寄ってきました
  義母が元気な頃 疎開先・沼田の老神へ行ってみたいということで
  その折 連れてきたところです)

       吹き割の滝は 2000年のNHK大河ドラマ「葵徳川三代」の
         オープニングに使われていました


 本年も 我が気ままな ブログにコメント&nice!をくださり
 本当にありがとうございました。
  (コメント返しもせず・・・お許しください!)

 来年もよろしくお願いします

 よいお年を。。。

                  コメント欄は閉じています
  
        






 


nice!(83)  トラックバック(0) 

京都 一日旅  !! [雑記・旅行]


 s-P1280262.jpg
 (於・銀閣寺 ウメモドキ)


1月27日 名古屋の実家で法事があり お墓参りの後  夕方 京都へ・・・
翌日 28日 一日限りの"京都の旅"を。

お正月のNHKの番組 「京都 南禅寺界隈 山紫水明のユートピア」を観て
訪れてみたくなりました。

私も夫も 何となく 京都へは旅行したことがありますが 今回のように「目的!?」を
もっての京都は初めてでした。

でも 結局 通り一遍の忙しない"観光"となりました。

そんな事で 28日 8時半過ぎ 雨の中 ホテルを出て バス停へ・・・
中学の修学旅行生がグループごとに どのバス停もあふれていました。
銀閣寺へ向かうグループはいなくて ホッとしながらバスに乗り込みました。

先ずは 「哲学の道」を歩き 「銀閣寺」 →「南禅寺」 → 「無鄰菴」 → 「平安神宮」
→ 「清水寺」 →「 西本願寺・東本願寺」 → 京都駅


  哲学の道

s-P1280245.jpg

 哲学者・西田幾多郎が この道を散策しながら 思索にふけったことから
 この名がついたと言われる「思索の道」が1972年に「哲学の道」と



  銀閣寺

室町幕府 8代将軍足利義政が 1482年造営を始め 1490年 義政死去後
菩提を弔うため 東山慈照寺(銀閣寺)

1994年12月17日 「古都京都の文化財」として 世界遺産に。

杮葺(こけらぶき)で2007年1月5日の調査で創建当時から 銀箔は貼られて
いなかったことが明らかになった。

2008年2月から 2年間の予定での修理が続いていました。

s-P1280251.jpg

s-P1280257.jpg

s-P1280258.jpg

s-P1280266.jpg
 (展望所からの眺め)




  南禅寺

亀山天皇の離宮を1291年に寺院に改め 禅林禅寺としたのが起こりとなる
南禅寺派の大本山

三門(山門)・・・三門は 空門 無相門 無願門の意味で仏教修行の三解脱を
表すと

s-P1280289.jpg

s-P1280291.jpg

s-P1280292.jpg

s-P1280293.jpg

s-P1280303.jpg

s-P1280296.jpg




 水路閣

明治期の遺産 琵琶湖の疎水が流れる赤レンガ造りの水路橋
東山を掘りぬいて 明治23年に竣工

琵琶湖疎水事業は東京遷都で意気消沈した京都を活性化させるための
起死回生の大工事

その疎水の水力発電で日本最初の電車が走ったとのこと

s-P1280315.jpg

s-P1280307.jpg

s-P1280312.jpg




 無鄰菴

明治・大正の元老 山県有朋の京都の別邸

琵琶湖の疎水を使って 滝や水深の浅い池などを自身で設計したと

明治36年(1903)4月21日 元老・山県有朋 政友会総裁・伊藤博文
総理大臣・桂太郎 外務大臣・小村寿太郎の4人のよって 日露開戦前の
わが国 外交方針を決める「無鄰菴会議」が開かれた部屋もそのままでした

昭和16年(1941) 京都市に寄贈される

s-P1280333.jpg
 (長い塀で囲まれていました)

s-P1280336.jpg

s-P1280337.jpg

s-P1280341.jpg

s-P1280345.jpg

s-P1280350.jpg

s-P1280348.jpg

s-P1280353.jpg
 (無鄰菴会議のあった部屋)




 平安神宮

明治28年 平安京 遷都1100年を記念して創建された

祭神は桓武天皇(737~806年)と平安京最後の天皇 孝明天皇(1831~66年)

s-P1280360.jpg

s-P1280364.jpg




 清水寺

世界遺産の清水寺は北法相宗の総本山で778年 延鎮上人の草庵を
結んだことで始まりとされる

有名な"清水の舞台"の国宝の本堂は檜板張り ケヤキの柱は12mとある
三重塔 仁王門などの多くの建築物は重要文化財になっている

s-P1280370.jpg

s-P1280373.jpg

s-P1280377.jpg

s-P1280381.jpg

s-P1280383.jpg

s-P1280385.jpg

s-P1280391.jpg





 西本願寺・東本願寺

1602年 本願寺はふたつに分かれ 以後 西本願寺 東本願寺(大谷派)

西本願寺(本願寺)のみが世界遺産に登録されている

s-P1280395.jpg

s-P1280394.jpg
 (西本願寺に 大きなイチョウの木が二本ありました)

s-P1280409.jpg

s-P1280406.jpg
 (東本願寺は4時半を過ぎていて 入れませんでした)



 s-P1280412.jpg


28日 京都駅で食事をし 夫とは別れ その日のうちに 名古屋へ・・・
(夫は京都在住の友人に29・30日と京都を案内してもらうため 残りました)

29日 名古屋駅で名古屋の友達とランチをしながら おしゃべりをして 3時過ぎに
新幹線に・・・新幹線トラブルに巻き込まれ 名古屋駅で2時間 5時過ぎに動き出し
帰宅したのは9時でした。

27日・・・12000歩(京都へ着いてから 高瀬川の畔 そして 先斗町界隈を散策)
28日・・・20000歩(途中 一度だけタクシーは使いましたが ほとんど歩きでした)






  

 

 


雑記・旅行 ブログトップ
<script type="text/javascript" src="http://www003.upp.so-net.ne.jp/bjork/emoji4msg.js"></script>
メッセージを送る