So-net無料ブログ作成
検索選択
雑記・行事 ブログトップ

お施餓鬼・・・5月17日 ・ 於 菩提寺 [雑記・行事]

お施餓鬼は 通常 お盆の時期に行われますが 本来は 特定の日は
限定されていないようです。


当寺は 毎年5月17日を お施餓鬼会とし 檀家が一同に会します。
受付にて お米3合ほど  お布施  卒塔婆料を納め 本堂に入ります。
(当日は 他の用があり お墓まいりのみ済ませ 失礼しました)

施餓鬼の起源は お釈迦様の時代にさかのぼるとされています。
餓鬼道に落ちて苦しむ餓鬼のみならず 無縁仏 三界万霊(この世に
存在する あらゆる精霊)に飲食を施すという意味で すべての生き物の
生命を尊ぶことを教えています。

人間としてある私たちも いつかは餓鬼道に落ちるかも知れないので
施すことを怠ってはいけないという事でしょうか。

『生きとし生けるものを尊び 日々の糧に みな感謝 !!』

<お墓より・撮・NHKの建物と手前に代々木公園が>
s-NHK.jpg

<このお水で 墓石など 清める>
s-お水.jpg

「シラン」
s-シラン.jpg

「ウツギ」
s-ウツギ.jpg

「サツキ」
s-DSCF2828.jpg

「アオキ・日本が生んだ観葉植物とか・・・若葉が綺麗です」
s-s-DSCF2821.jpg s-s-DSCF2822.jpg

「モミジ・黄緑の方が秋には紅葉するのでしょうね!」
s-s-DSCF2775.jpg s-s-DSCF2832.jpg

「ナンテン・もう少しで小さな花が観られたであろう!」
s-ナンテン.jpg

「ニワゼキショウ・個々のお墓の周りを彩っていました!」
s-DSCF2879.jpg

 



 

 

 

 


お盆 !! [雑記・行事]

昨日(7月13日)は お盆の入りでした。

お墓参りするのに 日曜日でもあり お墓参りの人も多いだろうという事で
車を お寺に隣接する 「代々木八幡宮」の駐車場(無料)へ止めさせて
もらう事にしました。
そんな勝手な事を聞き入れてもらうため 八幡様にもきちんとお参りをして
お寺さんへ向かいました。

お墓参りを済ませ・・・夜には お迎え火を焚き ご先祖様をお迎えしました。
平生は ふたりだけの静かな我が家ですが 15日までは ご先祖様の御霊で
賑やかなことです。

代々木八幡宮

鎌倉時代の初期(1212年)に創建されました。
s-4.jpg

手洗い水場
s-2.jpg

昭和25年 境内の発掘調査が行われ 縄文時代の住居跡が発見されたようです。
竪穴式住居(復元)があります。
s-3.jpg


お寺へ

お寺の中庭
s-6.jpg

水汲み場
s-5.jpg

<柏葉アジサイ・ユキノシタ科・ハイドランジャ属>
葉に切れ込みがあり 柏の葉に似ている
s-柏葉アジサイ.jpg

<ムラサキツユクサ・ツユクサ科>
s-ムラサキツユクサ.jpg

<ノリウツギ・ユキノシタ科・アジサイ属>
s-ノリウツギ.jpg

<ヤブミョウガ(花ミョウガ)・ツユクサ科>
s-花みょうが.jpg

<ハス・スイレン科>
s-ハス.jpg



 

 

 

 


お彼岸の中日・・・お墓参りと 代々木八幡宮のお祭り !! [雑記・行事]

今日は お彼岸の中日です。
久しぶりに秋晴れの良いお天気となりました。

10時半頃 家を出て お墓に着いたのは11時頃でした。
夫が 手桶に清水と お線香を頂き・・・お彼岸の入りに義兄が 参ってくれて
いますので お墓はきれいになっていて気持ちが良かったです。 
お花を 少しだけ 差し換え 本家筋のお墓にも 少しのお線香とお花を
手向けました。
(義母が元気な頃 必ずやっていた事を 今は 私たちが受け継いでやる事に
しています)
ご先祖様に 「義母が元気で過ごせるよう!」に 一番にお願いしました。

お寺の本堂
s-お寺の本堂.jpg

「お参りしたら お祭りに行くからね!」
s-親子連れ.jpg

無縁仏・水子地蔵尊
s-水子地蔵尊.jpg

s-お墓.jpg


代々木八幡宮

23日が 秋の例大祭でした。
午後には お神輿も出て 賑わうことと思いながら「お祭り」の気分だけ
味わってきました。

山手通りに面した参道
s-階段.jpg

本殿
参拝するのに長~い列が出来ていました
s-代々木八幡.jpg

出店
この奥に本殿がありますが・・・
s-奥に本殿.jpg

s-出店.jpg

新旧のお面
s-お面.jpg

射的
s-射的.jpg

以上 午前中でしたが 多くの人出でした。 
午後になると一段と混み合う事でしょうね!


  番外

メルボルンの娘よりのアップです。
  「さくらが 咲き始めました!」
さくら.jpg

代々木八幡宮
http://lala-aunt.blog.so-net.ne.jp/2008-07-14

 

 


 


世田谷 「ボロ市」 ( 都・無形民俗文化財指定) !! [雑記・行事]

今日(12月15日) 冬晴れの一日でした。

いつものように 横浜青葉台にある 施設に出かけて 母の食事の介助と
散歩を付き合って 帰宅後 夕方「ボロ市」へ出かけました。

世田谷・ボロ市は 天正6年(1578年) 小田原城主 北条氏政が この地に
楽市を開いたのが始まりで 世田谷を代表する伝統行事として 400年以上の
歴史を有しています。

骨董類 古着 植木 食料品など 露店が多く並び とても賑やかでした。

     平成20年 12月15 ・ 16日
     平成21年   1月15 ・ 16日
   成人式が15日だった頃は 成人式帰りの新成人が訪れ 華やいだ雰囲気が
   ありましたが 成人の日が 外れてからは イマイチ 盛り上がりに欠けるように
   感じます。

   ボ ロ 市

代官屋敷前
s-ボロ市1.jpg

s-ボロ市2.jpg

s-ボロ市3.jpg

代官餅はつきたてで あんこ・きなこ・おろし大根・納豆などがあり 超人気です
s-ボロ市8.jpg

   露 店

s-ボロ市4.jpg

s-ボロ市5.jpg

s-ボロ市7.jpg

植木市

s-ボロ市9.jpg

物産店 (世田谷と関わりのある地方から・・・)
s-ボロ市6.jpg

PTAの出店 (地元の小学校のPTAが 手作りの小物などを・・・私も20年前には
小物作りから 売り子まで手伝いました)
s-ボロ市10.jpg


   付 録

今日の青葉台
s-青葉台1.jpg

2時ごろ 施設を後にして・・・道端の霜が解けていませんでした
s-青葉台2.jpg
   (ヒメリンゴの実が落ちていました)

 

 

 


お正月・三が日 !! [雑記・行事]

 

  s-お正月1.jpg

          あけまして おめでとうございます。

              今年も よろしくお願い致します。


東京は 三が日とも 冬晴れの穏やかな お正月でした。

「一月一日」・・・初詣
  毎年 12時に方位を調べ 冬至に受けてきた「お札」を貼り
  その後  豪徳寺に初詣します。
s-お正月4.jpg

除夜の鐘をつく人が大勢並んでいました
s-お正月3.jpg

招き猫を返し 新しいのを買ってきます
s-お正月5.jpg


「一月二日」・・・横浜青葉台の施設へ

s-お正月2.jpg

  バス停も閑散としていて ゆったりした気分になりました
s-お正月10.jpg

  富 士 山

二子玉川駅のホームにて  往き(10時半ごろ)
s-お正月7.jpg

二子玉川駅のホームにて  (帰り15時ごろ)
s-お正月9.jpg


「一月三日」・・・スポーツ観戦

  午前中 近所の氏神様にお参りを。
  去年のお札とお守りを返納してきました
s-お正月11.jpg

s-お正月12.jpg

  
  全国高校サッカー選手権大会・駒沢陸上競技場

毎年 恒例のように3日は駒沢競技場で 高校生のサッカーを観戦しています
今年は 東京・国学院久我山と沖縄西の試合でした
昨日同様 一方的に久我山の試合運びで終了・・・でも 楽しかった。。。
(箱根駅伝をラジオのイヤホンで聞きながらでした・・・実は早稲田の渡辺監督の
現役の頃からのファンで 応援していましたが・・・残念でした)
s-お正月15.jpg

s-お正月16.jpg

駒沢の鳩も お正月気分のような様子でした
s-お正月13.jpg

2時10分試合開始の 広島・皆実と岡山・作陽
岡山からバス6台で 午前中には着いているようでした
s-お正月17.jpg

  以上 のんびりとした お正月を過ごしました。
           (トップの画像は施設の入り口の生け花です)

 

 

 


駒沢給水塔 構内見学会 !![ 09 10 01 ] [雑記・行事]


 s-DSCF8267.jpg

本日(10/1)は 都民の日でした。

このところ 秋雨前線の影響で 雨模様の曇り空の毎日でしたが
今日一日は 暑くもなく  爽やかな "見学日和"となりました。
(明日からは 又 曇り空が続くようです)

9/20 「THE NIKKEI MAGAZINE」に掲載された経過もあり
"時代を照らした双塔" "駒沢給水塔の86年" ・・・大勢の方が
見学会に来てくださり 保存会会員のひとりとして 嬉しく感じました。

s-DSCF8270.jpg

去年の「見学会」のアップでも触れましたが 現在の「渋谷区」が
渋谷町(大正時代)だったころ 多摩川(砧村)から 砧浄水場で
ろ過処理を行い 駒澤町へ送り込み 自然流下で渋谷町全域に
給水するために考案され 大正13年3月に竣工されたようです。

s-DSCF8250.jpg


s-DSCF8241.jpg
(水道布設記念碑)

s-DSCF8252.jpg

s-DSCF8263.jpg

s-DSCF8249.jpg
(澁谷町  阻水弇・・・竣工当時の鉄ぶたがそのまま残っています)

s-DSCF8266.jpg
(その当時のポンプです)


s-DSCF8242.jpg

s-DSCF8245.jpg

s-DSCF8248.jpg


s-DSCF8259.jpg
ベンチュリー・メーター(量水計)室

s-DSCF8255.jpg
(斬新なアイディアや最先端の機器類が使用されている)


s-DSCF8256.jpg s-DSCF8258.jpg
(お茶の花と実)

s-DSCF8265.jpg s-DSCF7902.jpg
(松も色んな種類があり そしてつつじも・・・)


  日経 マガジン」より

     東京・駒沢の住宅街の真ん中に 2本並んだ塔がある。
     知らないと通り過ぎてしまうほど目立たないが よく見ると
     どこか不気味な引力さえ感じさせる。
     全国に3000基以上ある水道施設 「給水塔」の 第一号は
     時代のひとつの証言者でもある。

s-DSCF8260.jpg

s-DSCF8273.jpg
(自宅へ戻る途中に振り返って・・・)


   お ま け

s-DSCF8230.jpg
(最近になって 我が家の玄関で咲き始めました)

   コメント欄 閉じています。

 


nice!(73)  トラックバック(0) 

世田谷 「ボロ市 」 都 ・ 無形民俗文化財 !! [雑記・行事]


 s-P1150372.jpg


昨年 12月15~16日  そして 今日(1月15日)と明日(16日)に
開催されている 「世田谷 ボロ市」へ出かけてきました。

「世田谷 ボロ市」は天正6年(1578年)に小田原城主・北条氏政が
この地に"楽市"を開いたのが始まりで 400年以上にわたる歴史ある
伝統の"市"です

骨董 古着 日用雑貨 植木 など多種多様な露店が700以上も
所狭しと並び 活気のある"世田谷 冬の風物詩"となっています


s-P1150347.jpg


s-P1150325.jpg

s-P1150332.jpg

s-P1150329.jpg

s-P1150328.jpg

s-P1150337.jpg

s-P1150333.jpg

s-P1150336.jpg
 (掘り出し物があるのかしら!?)

s-P1150340.jpg

s-P1150341.jpg

s-P1150374.jpg

s-P1150375.jpg

s-P1150348.jpg

s-P1150349.jpg

s-P1150351.jpg

s-P1150350.jpg

s-P1150352.jpg





 s-P1150358.jpg

世田谷 代官屋敷(茅葺屋根です)

江戸時代中期 彦根藩主井伊家の代官所でしたが 代官の陣屋ではなく
この地の名主であり 世襲で代官職を務めた大場宅を役所とした邸宅
兼用の代官所でした
昭和53年(1978年)重要文化財に指定されています

s-P1150369.jpg

s-P1150360.jpg

 s-P1150370.jpg
         s-PC280194.jpg

s-P1150368.jpg
 (梅の古木・・・蕾も未だのようでした)



おまけ

s-P1130321.jpg
 ( 13日 "強風の中" 千葉浦安・ディズニーランドに隣接する
    東京ベイ東急ホテルより 東京都江戸川区・葛西臨海公園方面を)

 


雑記・行事 ブログトップ
<script type="text/javascript" src="http://www003.upp.so-net.ne.jp/bjork/emoji4msg.js"></script>
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。