So-net無料ブログ作成

「成城五丁目猪俣庭園」 !![20111204] [雑記 地域]


 s-PB261776.jpg


 11月26日 成城ホールでの講演会の後 予てより気になっていた
 「成城五丁目猪俣邸」へ寄りました。

 小春日和の中 お座敷(ホール)に座り込んで ボランティアさんの
 説明を聞きながら 2時間ほど過ごしました。

 「紅葉は例年 12月に入らないとねぇ~!!」ってことで・・・
 今日(12月4日) 改めて出かけてきました。


 s-PC041794.jpg


「旧猪俣邸」は (財)労務行政研究所の理事長を務めた
故・猪俣猛 夫妻の隠居所のような邸宅として 昭和42年に建てられた
比較的新しい建物です。

敷地563坪 木造平屋建で延床面積113坪。

建物の設計は文化勲章受章者・吉田五十八(1894~1974)で
武士道精神を尊ぶ建主の意向を反映して 格調高く力強くも
侘びの効いた近代数奇屋造りを実現したという。


 s-PC041797.jpg


 s-PC041799.jpg
 (能舞台をイメージさせる玄関と奥のホール)


 s-PC041810.jpg


 s-PC041826.jpg
 (屋根は天井の高い所から順に屋根を掛け 高・中・低と次第に低く
 3段階の屋根に見えるように構成されているようです)


 s-PB261746.jpg

 s-PB261747.jpg

 s-PB261761.jpg


 s-PC041803.jpg
 (夫人室も大きな窓から日本庭園が眺められる)

 s-PC041806.jpg
 (雨戸、網戸、ガラス戸、障子戸。開放的な空間に)


 s-PC041802.jpg


 s-PC041809.jpg


 s-PB261763.jpg


 s-PC041820.jpg

 

茶室はホール脇の廊下からも渡れるようになっている。
露地は 庭とは離れ 竹垣で仕切られて その竹垣も手前から
次第に低くしてあって 遠近を強調して奥行きを広く感じさせるように
工夫してあるとか。。。

 s-PC041818.jpg


 s-PC041822.jpg


 s-PB261764.jpg


 s-PB261767.jpg


 s-PB261769.jpg


 s-PC041835.jpg

 

   広大な庭は基本的には回遊式日本庭園であり 杉苔が植えられ
   手前の方は苔を流れに見立て"枯山水"風としている

   草花は50種類以上 庭木は200本を超えるようだ。。。


 平成10年に ご長男が「貴重な文化財として末永く残したい」との
 意向で 世田谷区に寄贈され (財)世田谷トラストまちづくりの管理
 運営により 一般公開されるようになりました。

 

 s-PC041840.jpg
 (帰路・・・ 成城通り・成城大学より延びるイチョウ並木)

 

   年賀状もプリントするだけになりました^^
  
   この年末よりメルボルンに在住の娘家族がやってきます。
   1ヶ月 日本に滞在します。。。
   何かと落ち着かない状況が続いていますので ブログアップは
   今回で暫くの間 閉じたいと考えています。
   又 始められるようになったときには 「よろしくお願い致します!」


nice!(127)  トラックバック(0) 

nice! 127

トラックバック 0

<script type="text/javascript" src="http://www003.upp.so-net.ne.jp/bjork/emoji4msg.js"></script>
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。